プロジェクター番外編『使えてたLT to HDMI 変換ケーブルが使えなくなってた』

 iosアップデートで使えなくなってたらしい

以前使ってたのはこれだったんですが。

LT8ピン to HDMI 変換ケーブル iPhone,iPad対応 HD1080P高解像度 iPhoneで撮った写真・動画やyoutubeの画面をTVに出力 テザリング作業不要 LT2HDMIPRO

価格:2,580円
(2018/9/2 18:55時点)
感想(7件)

どうやらiosのアップデートで使えなくなっていた模様。
簡易包装で、特に何も気にせずiphoneとプロジェクターを繋ぐだけでよくて簡単だったんですが……
でも説明書に絶対何かしらの対処法は書いているはずと思って見てみましたが。

英語云々の前に、説明のための画像解像度悪すぎ問題。
どうにかこうにか理解はできて、ちゃんとアップデートできて映像が映るようになったのでLT to HDMI 変換ケーブルのフォームウェアアップデート方法を書いておきます。

 全然気づかなかったけどボタンがあった


左側のこの小さな穴がどうやら切り替えスイッチ?のようなものらしく、usbとhdmiをプロジェクターに差し込んだ後にクリップやらで右側のotaに切り替えます。
そして、LTケーブルをiphoneに差し込む前にしなければならないこと。

 アプリの「EZCast」をダウンロードする

アプリ必要なしでhdmi出力できるケーブルじゃなかったんかい!
と思いましたが、アップデートするなら仕方がない。

 インターネット共有をオンにする

この作業が分からずに時間をくいました。いつもはモバイル通信オフにしているので特に。
設定→(モバイル通信をオフにしている場合はオンにしてから)インターネット共有をオンにする。
そしてLT to HDMI 変換ケーブルをiphoneに指す。

 「EZCast」を開いてデバイスを繋ぐ


とくにログインなどの必要はありませんでした。
右上のコードの部分をタップ、デバイスを選択→左上のメニューからfirmware update OTAを選択。
そうするとプロジェクターの表示画面にupdateの%が表示されます。

 結果


問題なく、iphoneが繋がってスプレッドシートが表示されました。
当然ですがiPhoneに繋いでいるのでiphoneで撮影できず、昔のiphone4を引っ張り出して撮影したので画質が悪いです。
そのまま繋ぐと縦で表示されますが、横表示が基準となるゲーム、映像(youtube)などでは問題なくワイド画面になります。

ミリシタ、デレステなどのリズムゲーは若干ノーツが遅延します。
でもMVを大画面で見れるのは迫力があっていいですね。
ニコニコ動画でも、ランキング上位だった「いろんなデレステMVで絶叫するビーバー」を見ましたが問題ないです。
ただ動きが激しいと少しコマ落ちしている感じがします。

これで一先ず、iphoneでのプロジェクター利用が可能となりました。
説明書だけ見て、iphone繋がらなくなってるけど意味分からないから使わなくなった人いるんじゃないかな……

 

 








スポンサードリンク

オリジナルデザインのTシャツなど取り扱ってます

スポンサードリンク



PAGE TOP